So-net無料ブログ作成
検索選択

いま生きにくいと感じているすべての人たちへ [その他諸々]


夜回り先生こと水谷修さん。2ヶ月ほど前に、子供たちに語りかける姿をテレビで見て以来気になっていた。そして今日この人の本「子供たちへ」を目にした。

衝撃を受ける。

表紙に付いてる帯にこんな文字が。

「自分探しの旅、やめよう」

なんということだろうか、、、。
この人は言ってしまった。
誰も言えなかったこの言葉を言ってしまった。
この言葉に救われた人は多いのではないか。
さっそくこの本を注文した。

もうがんばらなくていいのである。

「いくら自分のことを考えたって、
すでに答は出ているし、
まだでてない答は永遠に出ません。
それよりも意識を外に向けて、
まわりに優しさをくばって、
人の笑顔を見る喜びを知りましょう。」

大人たちが耳を背けたがるような話を、
ストレートに子供たちに語りかける。
それを食い入るように真剣に聞く中高生たち。


俺もいま決めます。

もう自分探しの旅はやめます。


nice!(4)  コメント(9)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 4

コメント 9

イクラ

三平太さん はじめまして イクラ と 申します
わたしも 水谷先生 に 影響 を 受けました
もし 学生の頃に 出逢えていたら … と
つい考えてしまいますが
身の上 に 起こること は 全て
遅すぎず 早すぎず 丁度いい と 思っていますので
これから先 を 変えていきたい と
そう 思います
すてきな記事 ありがとうございました
by イクラ (2006-01-04 16:45) 

makiri

最近、不思議とあせらなくなりました。
考えないわけじゃなくて、ただ、あせらなくなった。
「こうじゃないから不安だ」から
「不安はあるけど今もいいな」になりました。

意地悪な人がとやかく言ってきて傷もつくけれど
そのことに泣いても振り回されずにそこにいる事ができる。
一日一日はどんどん良くなって行く方向にある。
楽観的すぎるかもしれないけれど、たくましさってそんなもんじゃないかな?
とか思ったり。
by makiri (2006-01-04 18:13) 

しょちょう

な、なんと、これがうちの記事の関連記事になっているではありませんか!ということで見に来ました。そして三平太氏の人生の歴史的瞬間に立ち会ってしまったというわけです。ああ、感慨深い・・・
毎日何千何万という記事がアップされるなかで関連記事になるってすごい確率だよね。確かになんとなく似たようなことを書いている気もする。
by しょちょう (2006-01-05 00:09) 

ゴンタ

おいらも読みました。この正月休みに読んだ本のベスト1で、衝撃のあまり日記が書けません。<マジで。
「あきらめなさい」というニュアンスではない「がんばらなくていいんだよ」というポジティブな見方がとても優しく書いてあって、学生に読ませたいと思いました。

あと三平太さん、もし時間があったら「シッタカブッタ」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4840107726/qid=1136388172/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/503-5348401-3962362
もぜひ読んでみてください。
by ゴンタ (2006-01-05 00:25) 

はじめまして、所長さんのところでお名前は拝見していましたが、その方の記事が私のところで関連記事になっていたのでお邪魔しました。
読みたい本が山積みですが、この本も読みたくなりました。
気持ちを落ち着けたいとき、買ってみようかな。
自分が伊達にしか年をとってないようで「なんだかなー」と思っているとき。
「がんばらなくていい」
つい忘れがちになるこの言葉を思い出させていただきました。
by (2006-01-05 22:57) 

usagi

三平太さん、私も自分探しを止めましたよー。同時に自分を言葉で定義できるという考えも放棄しました。決めると縛られるし、自分の心の声のささやきに気付いてあげられなくなる時があるからです。三平太さんが止めることができて良かった(^-^)。
by usagi (2006-01-07 05:45) 

えー記事とまったく関係の無いTBなのですが打ってみました。
問いが多くてかけないなら時代や日本史、世界史に分けて書くと楽だと思います。
確か三平太さんの出身地は広島ですよね?芸州といえば浅野侯や毛利元就ですかな?この場合歴史バトンというより郷土バトンになりますが・・・・・
by (2006-01-08 09:26) 

三平太

イクラさん。「身の上 に 起こること は 全て 遅すぎず 早すぎず 丁度いい」ですね。俺もその考えに賛成です! 水谷さんの本、今日届きました。これから読みます。

makiriさん。たくましさ!! それです、それです。たくましさです!! おれももっとたくましくなるぞ!

しょちょうさん。これも何かの縁ですのでTBしておきました。いやはや、何かを手放すっていうのは時として気持ちがいいものですね。

ゴンタさん。偶然ですねー。俺は水谷さんの本これから読むところです。っていうか、講堂で体育座りしてる中学生のひとりになって水谷さんの話を聞きたい(笑

あにすさん。俺は最終的に「年」は人間の成長とはあまり関係ないと思っています。だから何歳になってもいつでも勉強できるんです!! それって素敵じゃないですか?

usagiさん。あらら。ジュリエットもやめたんだ。おそろいだねぇ(笑。これで両家の紛争も終わりになるといいですね(笑。「自分を言葉で定義するのも放棄」。やりましたね(笑。おれも、あるがままのジュリエットが好きですよ。
by 三平太 (2006-01-09 02:02) 

三平太

ナイトさん。お返事どうもありがとうございます。「歴史バトン」ちょっと時間作ってやってみようかな。なんかとんでもないものが出来上がりそうでおもしろそう。うひひ。乞うご期待。
by 三平太 (2006-01-09 02:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。