So-net無料ブログ作成
フランス回顧録(2001) ブログトップ

青い空 [フランス回顧録(2001)]

イギリスに長く住んだせいか天気に敏感になったような気がする。5月も後半になったというのに、今年京都はどんよりとした天気がつづきぱっとしないのである。

イギリスに住んだことのない人でも、イギリスの陰鬱な天気が人々にどういう影響を与えるかは比較的想像しやすいだろう。まだまだ肌寒い4月、イギリスに季節外れの真夏のような陽気がおとずれることがある。空は青く、高く澄み、太陽に照らされた町は彩りを増し光り輝く。人々は明るくほがらかで、親切になって、まるで別の国のような印象を与える。

ところで、僕は南仏に8っヶ月ほど住んだことがある。この地域は地中海性気候で非常に過ごしやすいところだといわれている。僕が住んでいたのはモンペリエという町で港町マルセーユの西側にある。

マルセーユはデュマの「モンテクリスト伯」のエドモン・ダンテスが生まれ育った町だが、カミュの「異邦人」の舞台でもある。異邦人の主人公は法廷で殺人を犯した理由を問われ「ただ暑さのせい」だったと答えた。この発言を始めとして、次々に描かれる一連の理不尽さがこの小説の主題であるのかもしれない。

南仏の人々が持つ、この「理不尽さについての感覚」は、湿潤な環境で過ごす日本人とちがって、かなり「乾燥している」ように感じられる。そういえばオランダ人画家のゴッホが自分の耳を切りとってしまったのも、たしか彼が南仏の町アルルにいたときであった。

南仏人気質という言葉がある。一見温厚そうな彼らの中で何かが強烈にはじける瞬間がある。窓から外を見ながら、ふとそういうことを考えた。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:GBA2005エッセイ

裸で寝る習慣 [フランス回顧録(2001)]

2001年の1月から8月まで南フランスの街、モンペリエでフランス語を学んだ。ホームステイを経験し、夏には大学の宿舎に住んだ。地中海性気候というのだろうか、夏はかなり気温が上がるが、日本に比べると湿度が低くからっとしている。日中は38度ぐらいにはなり、日なたにでるとさんさんと照りつける日差しはかなり強烈だ。この南仏における真夏の太陽が人を狂わせてしまうというのは、カミュの「異邦人」に描かれているとおりで、ある種独特の気難しさを持つ南仏人の人格形成に大きな影響を与えているように思われる。。ちなみに「異邦人」の舞台はマルセーユでモンペリエからは電車で一時間ぐらいのところにある。

とはいえ、日なたの強烈な暑さも、日陰に入るとひんやりとしていてクーラーも必要なく、家に居ても窓のよろい戸を閉めておけばある程度快適な環境を保てる。僕はこの大学の寮に住んでいる時に裸で寝るという習慣を身に付けた。とにかく快適なのである。今思えばベッドもそこそこ硬く、裸にシーツをかぶって寝るというのが寝るスタイルだった。それ以来夏場は裸で寝ることが多くなった。台湾に住んでいた時もおおむね裸で寝ていた。台湾の暑さは、南仏のそれと違って湿気が多いのでクーラーを強く過ぎないようにしてかけっぱなしにするが、それでも裸で寝るのは快適そのものなのだ。

ロンドンは寒いのでなかなか裸で寝る機会がなかったが、ここ数日の暑い天候のおかげで、このなんとも自然な寝心地を堪能している。僕はどうもベッドというやつが苦手で、うちに備え付けのおんぼろベッドは、引っ越しと共にそそくさと捨ててしまった。ベッドがないと部屋も広くなる。掛け布団をを2枚重ねにして敷いてその上に寝ている。

布団のいいところは、イギリスの家に備え付けてあるベッドによくありがちな、スプリングがはじけ出てきそうな粗悪なマットレスに悩まされることがないのと、寝返りを打っても下に落ちる心配がないことだ。足が敷き布団からはみ出しても、空中に宙ぶらりんに浮くこともない。布団の上で裸でごろごろがいちばん。


フランス回顧録(2001) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。