So-net無料ブログ作成

志賀直哉 「網走まで」「正義派」 [ほん]

引き続き志賀直哉の短編集を読んでいる。なんというのだろうか。非常に写実的に書かれている。淡々と書くのだが、控えめにリアリズムを感じる。僕は海外暮らしというのもあってか、永らくこういう情景から離れていた。そして、現代の文学というものの中には、起承転結やドラマチックさというのはよくあるが、あまりこういう風景が出てこないような気がする。とはいっても、今の文学作品がどうなっているかについて、僕が正当に論じられる状況にはまったくないわけだが。

「正義派」で扱われている内容は、昔読んだ芥川竜之介の短編などにも見られる気がする。この話では都電の線路工夫だが、芥川のトロッコなどもこの手の労働者が出てくる話しだ。プロレタリア文学でなくても、こういう話がよく出ていくるのは、明治・大正・昭和と日本が発展していく過程、そういう時代的なものなのだろうか。

「網走まで」は汽車物である。子供と嬰児を抱えた女性と上野発の汽車に乗り合わせる話だ。びっくりしたのは、この話し、いきなり終わってしまう。なんということだろうか。小さな情報が多くちりばめられたところで、あまりに唐突に終わってしまうので、いろいろ想像せざるを得ないのだ。

汽車というのはおおむね、おもむきのある乗り物体験だ。戦後金の卵を満載してやってきた東北からの列車。石川啄木の停車場。そういう体験には独特の匂いがある。匂いといえば、芥川の「蜜柑」を思いだした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

清兵衛と瓢箪(志賀直哉) [ほん]


志賀直哉「清兵衛と瓢箪・網走まで」 新潮文庫

こっちの友人と食事をする際に、ソーホーの日系古本屋、徒波書房(あだなみしょぼう)に立ち寄った。その友人は僕に、彼がかねてから影響を受けたという本、マルクス・アウレリウスの「自省録」を買って贈ってくれた。僕は志賀直哉の文庫本「清兵衛と瓢箪・網走まで」を買った。

「清兵衛と瓢箪」は小学生の時に読んだ。通っていた塾の国語の授業で「読書シート」と呼ばれる、短編ばかりを集めた教材があった。一週間に一編ずつ配付され、一年間で数多くの短編を読んだ。「赤いロウソクと人魚」は小川未明だったか。宮沢賢治の「よだかの星」はよくわからなかった。芥川の「白」には感激していた。などなど、数多くの文学作品に触れることが出来た。中学受験勉強の塾通いだったのだろうが、これだけはいいきっかけをもらったと思う。

僕は短編が好きだ。これはこの時の影響かもしれない。特に芥川竜之介の短編が好きだったし、今も好きだ。

志賀直哉の「清兵衛と瓢箪」は、なんとも懐かしい原風景のような物を思い出させてくれる。今の僕の感覚からすれば、描写される風景は、非常に素朴な日本の風土で、文体は非常に斬新に思われる。僕はこういう物を失いつつあった。

読み終えてすがすがしい。こういう世界があったのだな。こういう感覚があったのだな。それは僕が小学生のときから、僕の中のどこかに常に一緒にあった精神的風土だった。これがあれば日本に帰ってもやっていける。そんなことを想った。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。